1. ホーム
  2. 東進の特徴
  3. 担任指導

担任指導

君の力を最大限に引き出す東進の「担任」

担任東進では、担任による合格指導面談で、最適な学習方法をアドバイス。さらに担任助手が日々の学習状況の確認をしていきます。担任助手の多くは東進で志望校合格を果たした大学生の先輩です。
一人ひとりが抱えている課題をともに考え解決し、「熱誠指導」で君のやる気を引き出し志望校合格までリードする存在、それが東進の「担任」です。

君だけのロードマップを作成

担任は君の志望校合格から逆算して、年間ロードマップを作成。その予定を月ごと、週ごと、日ごとのスケジュールに落とし込み、君だけの学習カリキュラムが完成。その上で志望校合格に向けたスケジュールや、部活・学校との両立方法を具体的に示し、定期的に面談を行って学習状況を確認していきます。
また、受験に関する悩みや不安に対してのアドバイスも行います。やる気を持続し、頑張り続けることができる環境を作ります。

定期的な面談を通じた熱誠指導

【合格指導面談/グループ面談】

グループ面談

東進では、2種類の面談を行います。1つ目の合格指導面談は、生徒と担任が一対一で実施。受講状況や模試の結果をもとに、ロードマップの確認・修正、受験校の決定などを行います。
2つ目のグループ面談では、担任助手が受講の進捗状況や確認テストの受験状況などをチェックし、計画的な学習を習慣づけます。「ライバルを目の前にしてやる気に火がついた」「励ましあって受験を乗り切れた」など、生徒のモチベーションの維持と向上を図っています。

ホームルームから始まる1日が学習のリズムを生み出す

【ホームルーム】
本科生の1日は、ショートホームルーム(5~10分程度)から始まります。集中力の高い午前中を有効に活用するために、連絡事項の伝達や単語テストを行って意識を切り替え、「今日も頑張るぞ」と気持ちを高めて学習をスタートさせることができます。また、週に1度のロングホームルーム(30分程度)では、模擬試験や各種テストのランキング発表のほか、志望校合格の先を見据えた将来についての発表を行います。仲間と刺激し合うことで切磋琢磨し、君のやる気を高める貴重な機会を提供するのが、東進のホームルームです。

復習の習慣化

関東地区
東京都
神奈川県
中部地区
静岡県
愛知県
中国地区
岡山県
四国地区
高知県
ページTOPへ